「シャーロック」第5話で見せた若村麻由美(わかむらまゆみ)の演技力

シャーロックの第5話が放送されましたが、母親役で出演した若村麻由美さんの演技が素晴ら

しかったですね。見事に悲劇の「母親」を演じ、精神的な感情表現から表情の作り方や声の質

の変化など、素晴らしかったですね。見ている側としては、「温かい気持ち」にもなりました

し、「冷ややかな気持ち」にもなりました。今回は若村麻由美さんを調査します。

この投稿をInstagramで見る

若村麻由美(@mayumiwakamura_official)がシェアした投稿

名前 若村麻由美(わかむら まゆみ)
生年月日 1967年1月3日(52歳)
出身地 東京都練馬区
身長 162cm
血液型 A型
職業 女優
事務所 トライストーン・エンタテイメント

若村麻由美さんは非常に美しい方ですね。和服も非常によく似合いますし、非の打ち所のない

女優さんですね。また、演技力も半端ないものを持たれていますし、シャーロックの母親役で

みせた迫真の演技は最高でした。「科捜研の女」の洛北医大教授の風岡早月役もかなりしっく

りと来てますよね。

ドラマ「シャーロック」自体が人間の持つ「狂気的な部分」を第1話から若村麻由美さんが出

演された第5話まで1話完結でそれぞれ俳優さんがキャスティングされて、非常に現代の社会を

反映した内容でメッセージ性が非常に強いドラマとなっていますね。

第5話では母親役を演じられていますが、息子への深すぎる愛情と執念を見事に演じられてい

ます。まさに「熱演」でしたね。また、息子の上司役(永井大)も演技がうまかったですね~

腹立たしいを超えていました。実際のパワハラはこのような感じなんだろうと思いますね。実

にリアルな内容で引き込まれてしまいました。

現実的に世の中の犯罪者の殆どの人が、どの年齢を問わずかなりひどい「いじめ」にあってい

た。というデーターがあるみたいですね。結局、やられた人はまた誰かにやってしまうという

「負」の連鎖が続くという事です。ですから、絶対に人をいじめたりしてはいけないという事

ですね。万が一そのような状況に陥ったら必ず一人で抱え込むようなことはせずに、誰かに相

談してください。

ドラマの中でもこんなセリフがありました。「パワハラ」は犯罪です!と

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク