「まだ結婚できない男」第3話、気になる「ぶるぶるマシーンとパグの名前」

「まだ結婚できない男」の第3話が放送されましたが、いよいよ隣の住人の戸波早紀(深川麻

衣)と桑野信介(阿部寛)とのからみが始まり盛り上がってきました。また、第3話でパグの

名前も判明し、桑野とパグとの絡みも絶好調に面白く仕上がっています。また、第3話の冒頭

に桑野がダイエット?トレーニングの機械のぶるぶるマシーンに乗っているシーンも面白すぎ

て気になってしまいました。

第3話の内容は?

戸波早紀が女優業に専念するために彼氏と別れ話をしていたことが判明しましたが、そのため

に、サングラスやマスクをして、顔をわからなくしていたことを早紀から聞かされます。

どうも、パグが変装している早紀の事を嫌うので、ある時から変装するのを辞めてしまいま

す。結局そのせいで付き合っていた彼氏に家近所で見つかって別れ話をしますが、たまたま一

緒に歩いていた桑野がいつものように絡まれて挙句の果てに週刊誌に写真を撮られてしますと

いう展開です。

パグの名前は「タツオ」

パグの名前が判明しました!「タツオ」です。結構びっくりしましたね。早紀がタツオが逃げ

てしまった時に、桑野が最初にタツオを発見したのですが何気に「ケン」と言ったら振り向い

て桑野を見たシーンが「グッ」ときました。本当に桑野は「パグ」が好きなんですね!

パグは顔面がシワシワで皮膚が弛んでいますので、弛んでいるところの「溝になっていると

ころが汚れるから手入れが必要」だとか、かなり詳しくてびっくりしました。

桑野が早紀の読み合わせの相手をすることに・・

早紀が台本の読み合わせをマネージャーに頼むのですが、マネージャーが下手すぎてある日早

紀が桑野に台本の読み合わせを頼みますが桑野はいったんは断ったのですが、思いとどまり読

み合わせの相手役を引き受けます。

有希江(稲森いずみ)のカフェで早紀と台本の読み合わせをしようとしたときに、同じ事務所

の村上英二(塚本高史)と住宅プロデュース会社の森山桜子(咲妃みゆ)と弁護士の吉山まど

か(吉田羊)が村上のクライアントのトラブルで打ち合わせに丁度、有希江のカフェにやって

きてかち合ってしまいます。

結局、みんなの前で読み合わせを始めたのですが、桑野VSその他の皆さんとの絡みがあり、

このシーンで桑野の名言が飛び出します!それは早紀がこの先の事が不安で仕事を辞めたいと

いいでします。桑野は早紀のその思いに対してこんなアドバイスをしたんです。

「どんな仕事にだって必ず辞めたい時が来る、でもそこで踏みとどめられたらそれが本当の第

一歩なんだ!」かなりかっこいいですよね!このシーンは第3話のピークシーンでしたね。感

動です。

気になったぶるぶるマシーン

かなりの振動があるようですね! マシーンの性能というより、桑野が飲み物をこぼしたり、本

を読もうとしたりかなり振動しているので全く飲めないし、本も読めないところが最高に面白

かったですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク