「ながら運転」2019年12月1日(日)より厳罰化へ

2019年12月1日(日)より「ながら運転」の違反が厳罰化されます。ゲームアプリを運転中に

行って多くの命を奪っている「ながら運転」ですが、タクシーの運転手だったりダンプの運転

手だったり正に運転のプロも「ながら運転」を行っている現状を打開すべく当然の結果という

事になります。

運転

運転中のスマートフォン・携帯電話等使用の危険性

スマートフォンや携帯電話は、通話機能に加え、インターネット、メール、ゲ

ーム等ができて、私たちの生活に欠かすことのできない大変便利な機能を持つ

ものになっています。

一方、運転中にスマートフォン等の画面を注視していたことに起因する交通

事故が増加傾向にあり、いわゆる運転中の「ながらスマホ」が社会問題となっ

ています。
運転しながらのスマートフォン等の注視・通話やカーナビゲーション装置等の

注視は、画面に意識が集中してしまい、周囲の危険を発見することができず、

歩行者や他の車に衝突するなど、重大な交通事故につながり得る極めて危険な

行為ですので、絶対にやめましょう。

警視庁HPより引用

実際に車を運転中に前方を見ないで時速60キロで走行した場合、2秒間で約33.3メートル進む

という事ですので、想像するだけで恐ろしくなってきますね。

罰則

1.罰則等(令和元年12月1日施行)
(1) 携帯電話使用等(交通の危険)
罰  則 1年以下の懲役又は30万円以下の罰金
反 則 金 適用なし
基礎点数 6点
(2) 携帯電話使用等(保持)
罰  則 6月以下の懲役又は10万円以下の罰金
反 則 金 大型車2万5千円、普通車1万8千円、二輪車1万5千円、原付車1万2千円
基礎点数 3点

2.罰則等(令和元年11月30日まで)
(1) 携帯電話使用等(交通の危険)
罰  則 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金
反 則 金  大型車1万2千円、普通車9千円、二輪車7千円、原付車6千円
基礎点数 2点
(2) 携帯電話使用等(保持)
罰  則 5万円以下の罰金
反 則 金  大型車7千円、普通車6千円、二輪車6千円、原付車5千円
基礎点数 1点

警視庁HPより引用

報道と通り厳罰化となっていますが、たった2秒よそ見をしただけで、時速60キロで走行して

いて30メート走るのですから、「ながらスマホ」をしながら運転すると動く凶器となってしま

いますね。絶対に「ながら運転」をしないように徹底して心がけましょう。

改正道路交通法の条文

改正道路交通法の条文(令和元年12月1日施行)
(運転者の遵守事項)

第七十一条 車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。
五の五 自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」とい

う。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、

携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部

を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限

る。第百十八条第一項第三号の二において「無線通話装置」という。)を通話

(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむ

を得ずに行うものを除く。同号において同じ。)のために使用し、又は当該自

動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法

第四十一条第十六号若しくは第十七号又は第四十四条第十一号に規定する装置

であるものを除く。第百十八条第一項第三号の二において同じ。)に表示され

た画像を注視しないこと。

警視庁HPより引用

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク