台風によって受けたマイホームの損害は?「無料で修繕できる方法とは?」

2019年は天災の猛威に日本中が翻弄された1年となり、特に台風による「風災」や「水害」な

どマイホームを持たれている皆さんは相当な被害を受けられたことと推測されます。実際に被

災された地域の皆さんは、屋根の瓦が飛んでしまって雨が降った日などには雨漏り対策もしな

くては行けなかったり、地域の屋根の業者さんに修繕のお願いをしても被災している数が多く

てなかなか工期が取れなかったりと、様々な問題が多発していました。中には悪徳業者なども

よその地域から営業をしに来て高額な修繕費の請求をされた方も多くおられたのではないでし

ょうか?また、急な出費となりなかなか資金の都合がつかなかった方も多くいられて大変な思

いをされた方も多かったことと思います。今回は「台風によって損害を受けた家屋を修繕する

ときに知っていると得をして活用できる」お得な情報を調査します。

瓦修繕

マイホームを無料で修繕できる方法とは!

火災保険を活用する!

戸建てのマイホームを購入するときに、殆どの方が購入時に「火災保険」に同時に入られてい

ると思います。実は「火災保険」には火災の際に家屋に対する付保はもちろんの事、風災・雪

災・水害なども「火災保険」の保証の範囲に含まれています。ですから、万が一台風による災

害を受けてしまったら「火災保険」で家屋の損壊の程度にもよりますが「修繕費用を賄う事が

可能である」という事を知っておくという事ですね。

やるべき事は「火災保険」の保証内容や契約期間を確認する

意外と「火災保険」は生命保険などよりも内容を認識して理解している方は多くないと思われ

ます。ですからまず最初に「火災保険」の保証内容や契約期間を各自で確認することがまず最

初にやるべきことですね。

万全な補償内容とは

お住いのハザードマップを確認して、自分の住んでいる地域の想定される被害がどの程度なの

かを確認することで、補償内容の範囲も決まりますのでお住いの地域の状況を知ることが大切

です。保険会社によっても商品が異なりますし、補償範囲や対象も異なりますから予想される

被害や損害を想定してそれに合わせた補償を選択していくことがベストですね。

「火災保険」に水災の保証がついていて、火災保険金額の100%が保証さる内容であればひと

まず安心です。中には水害の保証が火災保険の70%・50%と言った内容もありますので、注意

してください。

火災保険を適応する場合の流れは?

台風による家屋の損壊でお付き合いのある工務店さんなどあれば、見積依頼していただいて見

積もりが出来ましたら、「火災保険」を契約している保険会社に連絡してください。連絡をさ

れると保険会社から損壊された家屋の査定を行いに建築士の方が派遣されてきますので、査定

を受けていただきます。その後、査定の結果が保険会社から連絡があり、修繕費用が振り込ま

れるといった流れになりますね。イメージ的にはそのような感じになります。

最後に

幸いな事に台風のシーズンに突入する前の1月ですので、改めて再度「火災保険」の保証内容

を確認することができますし、付保する範囲が不足しているのであれば、追加すればよいです

から、近年自然災害が多くなる傾向が予想さる中、万全に対策の一つとして確認や見直しをし

て大切な財産を守りましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク