新型コロナ感染「埼玉県白岡市で自宅待機中の50代男性が死亡」医療崩壊の前兆!?

新型コロナウィルスによる「肺炎」の感染拡大により、軽症と判断されていた50代男性が死亡

されました。

病床が空くの待つために自宅待機していたという事で、事実コロナ感染して発症してしまうと

現段階では救える命も救えなくなる可能性が出てきたことになります。

危機感が増してきました。

病床

新型コロナウイルスに感染し、軽症だとして自宅待機中だった埼玉県白岡市の

50代の男性が死亡したことが、関係者への取材でわかりました。

埼玉県内では、病床がひっ迫していることなどから、感染が確認された人の半

数以上にあたる370人が自宅での待機を余儀なくされています。

複数の関係者によりますと、死亡したのは白岡市に住む50代の会社員の男性

です。

男性は今月11日に発熱や味覚障害などを訴え、今月16日に感染が確認され

ましたが、軽症だとして入院できる病床が空くのを自宅で待っていたというこ

とです。

男性の父親が連絡が取れないことから、21日午前9時すぎ男性の自宅を訪ね

たところ倒れているのを見つけ、搬送先の病院で死亡が確認されたということ

です。

埼玉県内では、病床がひっ迫していることなどから、20日までに感染が確認

された676人のうち、半数以上の370人が自宅での待機を余儀なくされて

います。

首都圏 NEWS WEBより引用

このまま感染者が増えていくと、死者の数もうなぎ上り的に増えていきそうですね。

皆さんの反応は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク