加藤浩次の提案で残留

加藤浩次さんの提案から始まった「エージェント契約」は、今後吉本興業の芸人たちにどのよ

うな影響を与えるのか関心が集まっています。今回吉本興業からの「エージェント契約」導入

の報道を受けて、加藤浩次さんからの提案による決定とされています。これを受けて極楽とん

ぼの加藤浩次さんの吉本興業への残留が決定されています。

「エージェント契約」とは

一般的な日本人のエージェント契約の認識としては、やはり野球のメジャーリーグの契約から

連想されることが多くあると思います。選手が代理人をたて、メジャー球団に対して選手の長

所など、アピールを行い、様々なオプションを契約条項の中に入れていくといった形ですよ

ね。今回の吉本興業としての「エージェント契約」はどのような内容の項目を基本として契約

をしていくのかそういった点でも今後の展開に注目をしていきたいですね。

育成からは「マネージメント契約」

名前も知られていない芸人が「エージェント契約」ができるわけがないので、基本は通常通り

の「マネージメント契約」なんでしょうね。ただ、吉本興業としての「マネージメント契約」

は、所属する芸人とってかなり偏りがあるようなニュアンスで色々と報道されています。

この「マネージメント契約を」どうするのかという点も注目していきたいですね。

加藤浩次さんクラスは基本は「エージェント契約」

名前が全国に知れ渡っている芸人さんは殆ど「エージェント契約」でやっていけるのではない

でしょうか。おそらく、そのようになって行くと思われます。ただ、加藤浩次さんのような一

流芸人と、出たばかりの無名の芸人との間に位置するようね芸人は「エージェント契約」はし

ないほうがいいかもしれませんね。

圧倒的に芸人に主導権が持てるぐらいの人気がないと、逆に「エージェント契約」が足かせに

なることが予想できますね。要するに、吉本興業に「足元」を見られやすくなるという事で

す。ですから、徹底的に「売れて」からでないと「エージェント契約」はするべきではないと

思いますね。

以上の点から、「エージェント契約」は特定の少人数しかできない「契約」と思いますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク