キャッシュレス決済「楽天ペイ」使いやすさが優先だね!

2019年10月1日より消費増税がされるのと同時に、スタートした国の施策の「ポイント還元制

度」この制度をどのように有効活用していけばよいのか?ただし、この制度は令和元年(2019

年)10月から、令和2年(2020年)6月までの9か月間の期間限定の制度となっていますの

で、うまくこの期間自分に合った運営会社のサービスをよく理解して「ポイント還元制度」を

活用していきましょう!

キャッシュレス

「楽天ペイ」おすすめの利用対象者は?

楽天市場やラクマなどの楽天サービスを利用している方やセブンイレブン・ローソン・ファミ

リーマートなどのコンビニエンスストアー、ツルハドラッグやBUYMA・Oisixなどを利用して

いる方におすすめです。

「還元ポイント制度」の還元率は?

①中小企業や個人が経営する小売、飲食、宿泊などでキャッシュレスで支払った場合には政府

の還元率は5%となります。

②ガソリンスタンド、コンビニエンスストア、外食などのフランチャイズチェーンなどでキャ

ッシュレスで支払った場合には政府の還元率は2%となります。

③上記以外の店舗大手スーパー、百貨店などでキャッシュレスで支払った場合には政府の還元

率は0%となります。

④上記の対象のお店にキャッシュレスではなく現金で支払いを行った場合には、政府の還元率

は全て0%となります。

まとめますと、政府の「還元制度」は現金で決済すると還元されないという事です。

では、「還元制度」で実際の恩恵を受けるためにはどうすれば良いのかというと、上記であり

ますように、現金で決済するのではなく、クレジットカード、電子マネー、QRコード決済

どを利用して決済することにより、恩恵を受けることができます。

ここで、さらに覚えておきたいことは、還元される還元率は税込みの金額に対して還元される

ことも覚えておいてくださいね。

楽天ペイでの決済で最強な組み合わせは?

お得情報とポイントの活用のタイミングとして、毎月の「0」と「5」の付く日には、楽天カ

ードの使用でポイント5倍!さらに不定期に行われる「お買い物マラソン」を利用すればポイ

ントが40倍以上も狙えます。

①楽天ペイ(QRコードで決済)で決済して支払いは楽天カードで行うと1%

②楽天ペイ(QRコードで決済)で決済して支払いは楽天カードで楽天ポイントカードやアプリ

の提示で1%

上記の還元率を合わせますと2%となり、政府の還元率と合わせますと最大7%の還元率とな

ります。

よく使うコンビニエンスストアーやガソリンスタンドなどでは、政府還元率が2%+楽天ペイ

決済で2%で合計4%の還元率となります。

また、「クレジットカードでの支払いはどうも苦手」と言われる方におすすめなのは、デビッ

トカードからのお支払いがおすすめですね。使いすぎなどの心配はいりませんし、当日に決済

引き落としされますので、普段通り現金で支払っている感覚に近い状況で使用できるのが安心

です。あとは、残高の確認をして必要な金額を入金すればよいわけですから。

9か月間の間お得になるようなものであれば、積極的に参加して恩恵を受けたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク