桃田選手が眼窩底骨折で全治3か月「復帰は?東京五輪の影響は?間に合うのか?」

前月マレーシアで交通事故に巻き込まれて負傷された桃田選手が、眼窩底骨折全治3か月と診

断されました。結構、帰国の際の印象では事故の車の状況にしては意外と軽症で流石スポーツ

選手と驚いていましたが、やはりあれだけの事故でしかも運転席の後ろの2列目という事でし

たのでかなりの衝撃があったという事ですよね。今回は復帰の時期や東京五輪の影響など調査

していきます。

バドミントン男子の桃田賢斗が、右眼眼窩底骨折で全治3カ月と診断されたこ

とが8日、分かった。所属のNTT東日本が発表した。

デイリースポーツより引用

眼窩底骨折(がんかていこっせつ)とは

眼窩底骨折とは、眼球が位置する「眼窩」と呼ばれる空間の床に当たる「眼窩

底」が骨折した状態を指します。 眼窩底を構成する骨は眼窩のなかでも薄いた

め、眼球や周辺部位の外傷により骨折を来しやすいです。 … 眼窩底骨折で

は、目を支配する神経、血管、筋肉などが同時に障害を受けることがありま

す。

メディカルノートHPより引用

神経、血管、筋肉などが同時に障害を受けることがあるという事で、バトミントンと言うとか

なりのスピードで打ち合う競技ですのでその影響が非常に心配されますよね。

治療は?

眼窩底骨折を発症すると、複視などの症状が生じますが、時間経過とともに

徐々に改善することも多いです。

しかし、数週間以上経過しても諸症状が改善されない、もしくは発症時から強

い複視があり日常生活に支障がある、完全に上方に眼球を動かすことができな

い、目の動きに関連した痛みが非常に強いなど症状が強い場合には、

手術による治療介入が行われます。

眼球陥没に対しての手術が行われることもありますが、経過の予想が難しく治

療介入のタイミングがより困難を極めることもあります。

眼窩底骨折では骨が欠損していることが多く、眼球の位置をしっかりと固定す

るために医療材料で欠損を補填する必要があります。

使用される材料としては、自身の肋軟骨や硬膜、チタンメッシュ、テフロン、

ポリエチレンなどがあります。

眼窩底骨折では、保存的な経過で症状が改善することも充分期待できるもので

ある一方、適切なタイミングでの治療介入を行うことが重要です。

メディカルノートHPより引用

東京五輪に間に合うかどうかは不透明という事ですね。

シャトルが2重に見えるようになって初めて「眼窩底骨折」という事がわかったような感じで

すね。

事件後の報道では異常なしとの内容でしたが、「眼窩底骨折」に関しては実際には日常生活の

中で確認されることが多いのかもしれないぐらいわかりにくいのでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク