「名犬サーブ」が眠る場所で愛するペットの火葬を執り行う

名犬サーブ 「サーブとは」人を助けるという意味

サーブは名古屋市の中部盲導犬協会で訓練を受けた盲導犬で、岐阜県のマッサージ治療院のご

主人さんを誘導することになったのですが、ある日のこと雪でスリップして突っ込んできた車

から主人をかばって重傷を負ってしまいます、また、その傷が原因で左前脚を切断してしまい

盲導犬の役割ができなくなってしまいました。

1988年には多くの人に愛されながら老衰のため11歳で永眠しています。

ペットを飼っている飼い主さんも犬を飼っていらっしゃる方は多いかと思います。

名犬サーブの犬種はシェパードだった

私たちが、盲導犬として認識している「ラブラドール・レトリバー」とは異なり、警察犬とし

て活躍している「シェパード」だったんですね。

『がんばれ!盲導犬サーブ』の出版

1983年に児童書『がんばれ!盲導犬サーブ』が出版され、ロングセラーを記録するなど

一挙に世間の知ることとなりました。

1985年には、中曾根康弘首相から功労賞を受賞し、アメリカでも「テキサス名誉州犬」

の称号を受けていますね。

さらに久屋大通公園のエンゼルパークにブロンズ像が設置されています。

その他多くの作品に登場しています。

別冊コロコロコミック

漫画『盲導犬サーブ物語』

NHKアニメ『がんばれ!盲導犬サーブ』

テレビ朝日の『火曜スーパーワイド』の枠で「三本足の名盲導犬サーブ・愛の物語」として

テレビドラマにもなった。

フジテレビの『奇跡体験!アンビリバボー』でも「ありがとう…サーブ」として紹介された。

サーブ像は現在3体ある

「久屋大通公園のエンゼルパーク」
名古屋市のテレビ塔があったり、100メートル道路がある場所ですね。

「健康福祉センターさつき苑」
サーブの主人が岐阜県郡上市の出身という事で銅像が設置せれています。

「盲導犬総合訓練センター」

名古屋市の港区にあり、正面玄関に設置されています。

名犬サーブが眠る長楽寺動物霊園

旧東海道を笠寺から呼続方面に歩いていくと途中に長楽寺(宗教法人稲荷山長楽寺 総本山長

楽寺動物霊園)があります。そこに「名犬サーブ」が眠っています。葬儀のことや供養のこと

など、相談に乗ってもらえます。実際にものすごいく人気のある動物霊園ですので、全国各地

から多くの方がお見えになっているようですね。

住所 〒457-0014
愛知県名古屋市南区呼続4丁目13-18
電話番号 052-811-6036
FAX 052-811-6163
業務内容 ペット葬儀、ペット霊園、犬ねこ霊園ペット葬祭、墓石販売、墓地・霊園管理、霊園その他
ホームページ 長楽寺

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク