速報!世界陸上男子走り幅跳び、7m94㎝で予選通過・城山正太郎(ゼンリン)記録

2019年9月27日より世界陸上がドーハで開催されています。1日目から男子100mの予選と男

子走り幅跳びの予選が始まります。今回の世界陸上での日本人選手注目の種目が1日目から始

まりますので目が離せません。

城山正太郎の最近の走り幅跳びの記録

森長正樹(日本大学)が1992年に記録した8m25を更新する8m40㎝(日本新記録)をつい最

近の2019年8月17日、『Athlete Night Games in FUKUI – FUKUI 9.98 CUP –』(福井運動

公園陸上競技場)で更新、世界陸上開催直前での記録更新という事で今大会は期待できる選手

の一人です。

城山正太郎選手のプロフィール

名前 城山正太郎(しろやま しょうたろう)
生年月日 1995年3月6日(24歳)
出身地 北海道
身長 178㎝
体重 65キロ
種目 走り幅跳び
所属 ゼンリン

前回の世界陸上がイギリス・ロンドンで開催されましたが、ロンドン大会の走り幅跳びの

金メダルの記録は、8m48㎝の記録でルボ・マニョンガ(南アフリカ)選手が獲得していま

す。続いて銀メダルが8m44㎝を跳んだ、ジャリオン・ローソン選手(アメリカ)、銅メダル

は8m32㎝を跳んだ、ルスワール・サマーイ選手(南アフリカ)それぞれが、獲得していま

す。

城山正太郎選手としては、日本記録の8m40㎝は前回大会の銅メダルに相当しますので、かな

り期待が持てる種目ですね。新たに日本記録を更新するようでしたら、金メダルも夢ではなく

なります。確実に世界で戦える選手が日本人から出てきましたね。

がんばれ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク