速報!桐生祥秀(日本生命)、世界陸上100m10秒18予選通過・記録

2019年9月27日より世界陸上がドーハで開催されています。1日目から男子100mの予選と男

子走り幅跳びの予選が始まります。今回の世界陸上での日本人選手注目の種目が1日目から始

まりますので目が離せません。

男子100mでは、日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)、桐生祥秀(日本生

命)、小池祐貴(住友電工)の9秒台スプリンター3人が登場しますし、男子走り幅跳びでは、城

山正太郎(ゼンリン)、橋岡優輝(日大)が出場します。

桐生祥秀選手の最近の記録

2017年に当時の日本記録9秒98をたたき出した、桐生選手ですが2019年の100mの記録は10

秒01、200mの記録はベスト記録の20秒39で走っています。

2019年に入って10秒01のタイムで走っていますので、体調が整ってタイミングが合えば再

度9秒台の記録も期待できる可能性を秘めていますね。

今期の調子を何とか合わせていただいて、世界陸上に臨んでほしいですね。

桐生祥秀選手のプロフィール

名前 桐生祥秀(きりゅう よしひで)
生年月日 1995年12月15日(23歳)
出身地 滋賀県彦根市
大学 東洋大学
身長 176㎝
体重 70キロ
所属 日本生命
種目 100m・200m・4×100mリレー
記録 100m:9秒98・200m:20秒39

予選の走りに注目です。準決勝に進出するためには上位でゴールすることが求められますの

で、まずは、上位でテープを切ることが第一ですね。次に見るべき点は、どのようなレースの

走りをしたかですね。全力で走り抜けたのか、余裕をもってゴールしたのか、さらに余裕をも

って途中で力を抜いて(流して)ゴールしたのか?こういった視点からレースを見るとさらに

興味が湧いてきますね。

予選の走りで余裕をもって上位でフィニッシュしたら、準決勝はかなり期待が持てると思いま

すね。タイム的にも10秒0台(10秒01~10秒09)でゴールしてくると面白くなりそうで

す。

がんばれ!桐生選手!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク