速報!小池祐貴(住友電工)、世界陸上100m10秒21予選通過・記録

2019年9月27日より世界陸上がドーハで開催されています。1日目から男子100mの予選と男

子走り幅跳びの予選が始まります。今回の世界陸上での日本人選手注目の種目が1日目から始

まりますので目が離せません。

男子100mでは、日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)、桐生祥秀(日本生

命)、小池祐貴(住友電工)の9秒台スプリンター3人が登場しますし、男子走り幅跳びでは、城

山正太郎(ゼンリン)、橋岡優輝(日大)が出場します。

最近の小池祐貴選手の記録

2019年の活躍は目を見張るものがあります。伏兵から本命になる可能性を秘めていますね。ほ

んとビックリです。一気に日本のレベルが上がりました。

2019年7月20日のIAAFダイヤモンドリーグ・ロンドングランプリ男子100mでは、日本勢3人

目の9秒台となる9秒98(+0.5)で4位に入ってます。世界陸上が楽しみですね。

小池祐貴選手のプロフィール

名前 小池裕貴(こいけ ゆうき)
生年月日 1995年5月13日(24歳)
出身地 北海道小樽市
大学 慶応義塾大学
身長 173㎝
体重 75キロ
所属 住友電工
種目 100m・200m・4×100mリレー
ベスト記録 100m:9秒98・200m:20秒23

予選の走りに注目です。直前の100mの試合のレースで9秒98の記録をたたき出していますの

で、調子が継続しているのであれば、サニーブラウンと同じぐらいに期待が持てそうですね。

まさに、伏兵的存在です。100m予選の内容に注目したいですね。調子が良ければ恐らく、

100mの後半は力を抜いて走ると思いますので、そこに注目したいですね。また、同様にタイ

ムにも注目したいですね。タイムも10秒0台(10秒01~09)でゴールテープを切ってくると

かなりの期待大です。しかも、100mの後半に力を抜いてゴールしてタイムが良ければ確実に

決勝に進出する可能性が膨らみます。

本命になるか!

小池祐貴選手、頑張れ!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク