速報!サニブラウン・ハキーム、世界陸上100m10秒09予選通過・記録

2019年9月27日より世界陸上がドーハで開催されています。1日目から男子100mの予選と男

子走り幅跳びの予選が始まります。今回の世界陸上での日本人選手注目の種目が1日目から始

まりますので目が離せません。

男子100mでは、日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)、桐生祥秀(日本生

命)、小池祐貴(住友電工)の9秒台スプリンター3人が登場しますし、男子走り幅跳びでは、城

山正太郎(ゼンリン)、橋岡優輝(日大)が出場します。

サニブラウン・ハキーム選手の最近の記録

2019年6月6日、テキサス州オースティンで行われたNCAA屋外陸上競技選手権大会の男子

100m決勝で9秒97の日本新記録で3位に入賞しています。福岡で行われた日本陸上競技選手権

大会では100・200mの2冠を達成しています。世界陸上の前段階で最高のタイムを出している

のはサニブラウン・ハキーム選手ですね。

決勝までの力がついているのか楽しみですね。

サニブラウン・ハキーム選手プロフィール

名前 サニブラウン・アブデル・ハキーム
生年月日 1999年3月6日(20歳)
出身地 福岡県北九州市
身長 190㎝
体重 83キロ
大学 フロリダ大学
種目 100m・200m・4×100mリレー
記録 100m:9秒97・200m:20秒08

世界陸上の第一日目から100mの予選が始まるという事で、目が離せない状況になっていま

す。国内ではサニブラウン・ハキーム選手が一歩リードといった感じですね。予選でどのよう

な走りを見せてくれるのか楽しみですね。見方としては、100mのレースで後半の80mぐらい

から力を抜いて(流して)ゴールしたタイムが9秒台だったらかなり期待が大ですね!

また、同様に力を抜いて1着でゴールしたら準決勝でも上位を狙える走りとなりますから、決

勝の8人に残る可能性も出てきそうです。

調子のよさを見るうえでも、予選のレースの走りには注目してほしいですね。

頑張れ!サニブラウン・ハキーム選手!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク