速報!世界陸上男子走り幅跳び、8m07㎝で予選通過・橋岡優輝(日大)記録

2019年9月27日より世界陸上がドーハで開催されています。1日目から男子100mの予選と男

子走り幅跳びの予選が始まります。今回の世界陸上での日本人選手注目の種目が1日目から始

まりますので目が離せません。

男子100mでは、日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)、桐生祥秀(日本生

命)、小池祐貴(住友電工)の9秒台スプリンター3人が登場しますし、男子走り幅跳びでは、城

山正太郎(ゼンリン)、橋岡優輝(日大)が出場します。

最近での橋岡優輝選手の走り幅跳の記録

森長正樹(日本大学)が1992年に記録した8m25を更新する8m32㎝(日本新記録)をつい最

近の2019年8月17日、『Athlete Night Games in FUKUI – FUKUI 9.98 CUP –』(福井運動

公園陸上競技場)で更新、しかし、その直後に城山正太郎選手(ゼンリン)が8m40㎝を跳ん

で、同一試合で2度日本記録が更新される珍事が話題となりました。世界陸上開催直前での記

録更新という事で今大会は期待できる選手の一人です。また、現コーチは全日本記録保持者の

森長正樹コーチという事で、実際には日本国内にいては一番力がある選手ですね。

橋岡優輝選手プロフィール

名前 橋岡優輝(はしおか ゆうき)
生年月日 1999年1月23日(20歳)
出身地 埼玉県
大学 日本大学
身長 183㎝
体重 76キロ
種目 走り幅跳び

前回の世界陸上がイギリス・ロンドンで開催されましたが、ロンドン大会の走り幅跳びの

金メダルの記録は、8m48㎝の記録でルボ・マニョンガ(南アフリカ)選手が獲得していま

す。続いて銀メダルが8m44㎝を跳んだ、ジャリオン・ローソン選手(アメリカ)、銅メダル

は8m32㎝を跳んだ、ルスワール・サマーイ選手(南アフリカ)それぞれが、獲得していま

す。

橋岡優輝選手は直前の大会で8m32㎝を跳んでいます。前回の世界陸上の銅メダルの記録と同

記録となっていますので、非常に期待が持てると思われます。

一発引っかかったら金メダルかも?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク