寺田明日香、陸上競技と他のスポーツの経験は?

2019年9月1日に山梨の富士北麓公園陸上競技場で行われた、「富士北麓(ほくろく)ワール

ドトライアル」の女子100mハードルで12秒97(追い風1.2m)の日本新記録をたたき出し

ました。従来の日本記録13秒00という事で日本人では初めての12秒台の記録で世界に一歩近

づきました。

記録更新の裏には、一度陸上競技を引退して挑んだラグビーの経験とトレーニングに秘密があ

るように思います。

ハードル

寺田明日香選手と陸上競技

高校時代

高校1年生では100mハードルで14秒32(向かい風2.7m)でインターハイを優勝していま

す。寺田明日香選手は100mのタイムも11秒台と速くスピードをそのままハードルにつなげら

れる器用さを持った選手ですね。

高校2年生でもインターハイを制しています。記録は13秒54(向かい風1.7m)まさにハード

ルの女王と申しましょうか強いですね。

高校3年生では3年間の集大成という事で、もちろんインターハイで3年連続の優勝という事で

この種目では敵がいない状態ですね。また、北海道選手権で13秒39で日本高校記録を樹立して

います。

北海道ハイテクAC時代

高校を卒業されて北海道ハイテクACに寺田明日香選手は所属しています。

2008年6月26日(木)~29日(日)には川崎市等々力陸上競技場で行われた、第92回 日本

陸上競技選手権大会の100mハードルでいきなり優勝しています。記録は13秒51(向かい風

1.5m)素質と才能が飛びぬけています。国内の話ではありますが。

また、翌年の日本陸上選手権大会では13秒05(追い風1.9m)のJr日本記録を更新していま

す。2010年の日本陸上選手権大会でも100mハードルで3連覇しています。

2013年に引退

寺田明日香選手とその他のスポーツ

寺田明日香選手は2016年から7人制ラグビーを始められています。走力があるのでそのスピー

ドを生かすには最適なスポーツです。2020年のオリンピックに向けてラグビーで目指されたん

ですね。しかしながら、結局ケガで断念されています。タックルしたりタックルされたりする

わけですから、ケガはつきもののスポーツと言っていいと思います。

ラグビーの練習でさらに養われた脚力は、体幹の強化向上も含めて大きな身体的な成長を生ん

でいる。ラグビーは基本芝生での練習ですから、脚力強化というイメージよりかは馬力強化と

言ってもいいようなトレーニングを毎日行っていたと思われますね。

100mハードルはハードルとハードルの間を3歩で飛び越えていく競技ですから、特殊と言えば

特殊ですよね。当然リズムと脚力が必要となるわけで、かなり力強く飛び越えていける馬力を

身に付けたと思われます。

寺田明日香選手プロフィール

生年月日 1990年1月14日(29歳)
出身地 北海道
身長 167㎝
体重 50キロ
高校 北海道恵庭北高等学
大学 早稲田大学
種目 100mハードル
ベスト記録 12秒97(日本新記録)

9月27日からドーハで行われる世界陸上で、自己記録を更新して12秒6台の記録が出せれば世

界と戦える記録となりますので、来年の東京オリンピックにも大きな注目がされる選手となり

ます!

是非、頑張ってほしいものです。 😛

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク