岡本 碧優 (おかもと みすぐ)選手の出身地や中学校は?「代表選手に中学生が多い種目に注目です」

2020年7月に開催予定だった東京五輪が新型コロナウィルスの感染戦拡大により一年延期され

2021年7月に開催されます。

日本での開催ということで新種目での金メダル獲得が期待されます。

今回は新種目で注目度の高いスケートボードに注目し岡本 碧優 (おかもと みすぐ)選手につ

いて調査していきます。

スケートボード2

岡本 碧優 (おかもと みすぐ)選手の出身地は愛知県高浜市という事ですね。愛知県と言うと

主要都市には名古屋市があり、トヨタ自動車やアイシン精機、日本電装、豊田織機などトヨタ

自動車グループが集中している地域でもありますが、高浜市は三州瓦で有名な街ですね。

「瓦」の街・高浜市です。愛知県では南部名古屋市の位置からも南部に位置しています。

岡本 碧優 (おかもと みすぐ)選手の出身地という事ですが都会というよりも典型的な自然に

囲まれた環境で生活されていたようです。

岡本 碧優 (おかもと みすぐ)選手の出身中学校は?

岐阜市立長森南中学校

出身中学校が岐阜県という事で一つ疑問に思う事がありますが、そのまんまで愛知県高浜市の

出身で現在中学校が岐阜県という事ですから、何か理由があって岐阜県の中学校に通われてい

るという事が容易に推測できますね。

岡本 碧優 (おかもと みすぐ)が岐阜県の中学校に通っている理由は?

岡本 碧優 (おかもと みすぐ)選手は実は親元を離れて下宿生活をされているようです。

岡本選手の憧れのスケートボードの選手でもある、笹岡健介選手の実家に住み込みで生活を共

にしてスケートボードの練習に励み磨きをかけています。

というのも、笹岡家はスケートボード界では有名なスケートボード一家のようです。

笹岡健介選手は笹岡家では三男でパーク種目では第一人者であり、笹岡家の長男はスケートス

クール講師次男は公認プロスケーターです。また笹岡家の父親は元全日本のジュニアチャン

ピオンという事ですから岡本 碧優 (おかもと みすぐ)選手としてはこの上ない環境の下で存

分に技術を向上させて競技に挑むことができるという事になります。

ただただ感心するのは、小学生の時に決断して親元から離れて岐阜市に下宿生活をすること自

体並みの選手ではないですね。精神的にも強いと思いますし、目標意識も高く感心するばかり

です。

2021年開催の東京五輪では金メダルを是非とも獲得してほしいものです。

皆さんも岡本 碧優 (おかもと みすぐ)選手を応援していきましょう! 😛

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク