大相撲・冬巡業で不祥事!「インフルエンザが力士に蔓延の中強行、巡業部長は?」

また、大相撲で不詳時が発生しました。相撲協会に対して危機管理能力が問われる対応に非難

が上がっています。その内容とは

12月11日に佐賀県佐賀市で行われた巡業先の病院でインフルエンザA型と診断されたが、日本

相撲協会関係者に取組を行うよう指示されたという。当然に力士同士でのインフルエンザ感染

も確認されている上に相撲協会が冬巡業を続行させるという事自体危機管理の欠如と言わざる

を得ませんね。

巡業先には大勢のファンや子供も大勢いる

さらに問題が発展する可能性さえ考えられます。冬巡業には大勢のファンの方々が見に来られ

ているわけですから、当然にインフルエンザに感染している力士が取り組みやらファンサービ

スで抱きかかえるといった事をすれば一般の方々に感染するリスクも高まるわけです。

全く何を考えているのか分かりませんね。

巡業部長は誰だ

現巡業部長は春日野親方 (春日野 清隆)元関脇ですね。学生相撲出身です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク