バレンタイン、「2020年,人気の日本酒を使ったチョコレート3選」

バレンタインデーが近づいてきましたが、今年も意中の人に渡す本命から会社の同僚などに配

る義理チョコまで色々と悩む時期となってまいりました。手作りのチョコレートもいいですし

作る時間の取れない方々には今年人気のチョコレートの1つ「日本酒」を使ったチョコレート

を調査します。

お酒入りにチョコレートと言えば「ウイスキーボンボン」ですね。食べ過ぎるとほろ酔い気分

となります。一度は皆さんも食べられたことがおると思います。

選べる6種類 とろける生チョコレート(日本酒)

福井県の名酒と言われている「天津神力」生チョコに仕上げた逸品です。

お酒好きの方にはたまらないチョコレートではないでしょうか?

他にも5種類あるようですね。「洋酒」も勿論あります。

4種類の大吟醸を使用したチョコボンボン

お酒好きに渡したいですね。

義理チョコに渡すのもいいかもしれませんね。

「瑞兆、越の寒中梅、櫻正宗、龍力米のささやき」が4種類のお酒の銘柄となっています。

多分一気に全部?食べたら恐らく酔っぱらいますね。

パレ ド オール 獺祭ショコラ 6個入り

日本酒の銘酒「獺祭 二割三分」を贅沢に練りこんだボンボンショコラです。

獺祭 二割三分は世界的にも評価の高い「お酒」として有名です。

ショコラティエ パレ ド オール(CHOCOLATIER PALET D’OR)のショコラティエ、三枝俊介氏

によるボンボンショコラです。

「バレンタイデーのチョコレート」のルーツ

○ 日本では、バレンタインデーは女性から男性へ愛の贈り物として、チョコレ

 ートを贈る習慣がありますが、現在の形のバレンタインデーの始まりは、昭

和30年代(1950年代)に入ってからのようです。 以後、多くのことが関係し

て「バレンタインデーにはチョコレートを女性から男性に」という習慣が定

着し、今日のような盛んな行事になったようです。

○ 朝日新聞1996年(平成9年)9月21日付け日曜版{地球「食材の旅」・カカ

オ}に日本のバレンタインデーのルーツが掲載されていますので、抜粋して

みました。

1958年(昭和33年)2月メリーチョコレート会社(東京)は新宿・伊勢丹の売り

場に「バレンタインセール」と手書きの看板を出した。3日間で売れたのは

30円の板チョコ5枚4円のカード5枚だけであった。

翌年ハート型チョコを作った。「女性から男性へ」という殺し文句を作った

のもその頃だ。

1992年に聖バレンタイン殉教の地イタリア・テルニ市から神戸市に愛の像が

送られた。神戸が日本のバレンタインデー発祥の地と分かったからという。

チョコレート会社「モロゾフ」(神戸)は1936年(昭和11年)2月12日に、神戸

で発行されていた外国人向け英字新聞にバレンタインデー向けチョコレート

の広告を出している。

日本チョコレート協会より引用

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク