中村愛媛県知事「緊急事態に対して場当たり的で唐突発言!」国民の意見は?

政府から3月2日から、小・中・高校を一斉休校ということで要請がありましたが、これを受け

て中村愛媛県知は「場当たり的で唐突」との発言をされています。

感染ルートが不明の感染者が少しずつ増えてきた状況を認識して政府が一斉休校を要請すると

いう決断は「遅すぎる」とか「早い」とかとう問題ではなく、特に子供は大人と異なり、「濃

厚接触」とい観点からみると非常にリスクが高いですね。

子供の頃の事を思い出すとべったりとくっついて遊んでいた思い出がありますから。おそらく

皆さんもそのような経験をされていると思います。

今回は中村愛媛県知事の発言について調査します。

休校

皆さんの意見は?

批判するのは、簡単。
知事として、責任を取る覚悟で、決定すればよい。
国ではなく、こういう時にあなたの本当の実力が試されるんですよ。
休校しない選択肢もいいんじゃない?要請だし。
ただ、休校しなくて感染者が増えた時の責任は丸投げしないでくださいね。
シンパパですが、命にはかえられません。
生活ぎ厳しくても無理して感染した時などの最悪の事態を想定してかんがえないと。
世界中で感染拡大している中、しかもウイルスはまだまだ未知で治療法もない。子供を持つ親としては要請が出て少しほっとしています。
過去にないこの状況で、政府も考え抜いた策だと思います。ただ、今やるべきなのか必要性の説明が足りなかった。
様々な事情はあるにせよ、命には変えられない。一丸となってウイルスに打ち勝つのみ。やれることをやる。
新型コロナウィルスの具体的な治療方法など、終わりがはっきりと見えない状況下ではとにか
くこれ以上感染者を増やさない対策が一番大事ですね。そういった意味では政府の要請は意味
のある決断だと思いますね。

誰の責任かではなく今はスピード感を持って具体的な対策を実行する局面だ。

政治的な批判は後からでも充分間に合う。
地域や個人の事情は臨機応変で自律的に対応する事が自治体の長には求められる。

それをせずにブー垂れてばかりいれば「国の検査基準を満たさないから検査しない」と自己防衛に走っている保健所と同じだ。

じゃあ政府が言い出さなければ、愛媛県はどのようにリスクマネジメントをしようとしていたのでしょうか?「自ら治める集合体」だから自治体という。その首長は常に危機管理をしなければならないし、知事にはその責任者であることが求められる。だからこそ、鈴木北海道知事は若いにもかかわらず、自らの責任により全道休校宣言を出したことは素晴らしいと思う。
国民の皆さんはまともですね。さらに北海道知事は道民に対して「緊急事態宣言」を発令され
ましたね。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク