おうち時間で人気!世界で一つしかない「からっぽペン」で満喫ライフ

コロナ禍の中、家で長い時間過ごす機会が増える中いかに長い時間快適に過ごすことができる

か?

っこと考えること多くなってきていると思います。

最近では「インク沼」って言葉もよく聞くようになってきました。

「インク沼」って何?

って思われる方も多いのかもしれませんが、読んで字のごとく「インク」の事なんですが

文具業界でブームになっているようですね。

「インク沼ブーム」

それぞれ色々なインクを混ぜて自分独自の色を作って「からっぽのペン」に入れて使うという

自分だけのオリジナルのペンが作れるという面白そうなペンですね。

何か中毒性があるように思われますね。

インクをどんどんと混ぜてオリジナルの色を作るという点ではいろんな色を

混ぜ混ぜしそうです。

今回は「インク沼」ブームで脚光を浴びれいます「からっぽペン」について調査します。

ペン

からっぽぺんとは?

からっぽペンは、インクの入っていない「からっぽ」のペン。
自分でインクを入れて、簡単にペンを作ることができます。

株式会社呉竹より引用

からっぽペンの作り方

カートリッジ式

基本の5色

基本となる5色のインクからお好きな色を選んで、自由な組み合わせで、おうちで簡単にイン

ク作りが楽しめる商品です。

インクは、透明・イエロー・ピンク・ブルー・グレイ。

混色しやすく、混ぜてもきれいに発色する水性染料インキです。

作ったインクは「からっぽペン」でオリジナルペンにしたり、ガラスペンや筆などでお楽しみ

いただけます。

株式会社呉竹より引用

インクのつかり方

ink-caféインクの基本となる5色(透明・イエロー・ピンク・ブルー・グレイ)

は、混色してもきれいに発色する水性染料インキです。

お好みの配合で自分だけのオリジナルカラーインクが作れます。

ベースとなるインクを選んで1:1、1:2、1:3、などの割合で混ぜて色を作って

いきます。

インクの色は「インクレシピ」も参考に作ってみましょう。

インク作成には別途、混色用の容器や混ぜ棒、ティッシュをご用意ください。

調色カップや計量機器など使って、自由な割合(比率)で作れます。

混ぜ棒(マドラー)などでインクをよく混ぜて、調整していきます。

色は少量のインクで変化します。色目を確認しながら、少しずつ混ぜていきましょう。

オリジナルインクの完成!

完成したインクは、「からっぽペン」を作ったり、ガラスペンや筆、つけペン

などで自分だけのカラーインクをお楽しみください。

インクの作り方

は株式会社呉竹さんのHPをご参照してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク