アビガン錠を新型コロナウィルスの治療薬として投与を開始!「製造会社は?」

日本国内において新型コロナウィルスによる感染が拡大する危険性が高まったことを意味する

のでしょうか?とうとう厚生労働省が「アビガン錠」を治療薬として投与を開始しました。

国内には200万人分のアビガン錠が備蓄されていますので、今回の治療薬としての投与で感染

者にどのくらいの効果を発揮するのかが注目されるところですね。

今回は「アビガン錠」について調査します。

加藤厚労相によると、新型コロナウイルス肺炎患者に対して新型インフルエン

ザ治療薬「アビガン」を22日に投与した。国内2医療機関で準備をしていたと

いう。

共同通信より引用

製造会社は?

富士フィルムホールディングスの子会社である、富士フイルム富山化学株式会社です。

アビガン錠 200mgの効果は?

・この薬は、抗インフルエンザウイルス剤と呼ばれるグループに属する薬です。

・この薬は、インフルエンザウイルスの増殖を抑えることでインフルエンザの症状を緩和します。

・次の目的で処方されます。
新型または再興型インフルエンザウイルス感染症(ただし、他の抗インフル
エンザウイルス薬が無効または効果不十分なものに限る。)

・この薬は、他の抗インフルエンザウイルス薬が無効または効果不十分な新型または再興型インフルエンザウイルス感染症が発生し、本剤を使用すると国が判断した場合にのみ、患者さんへの投与が検討されます。

・この薬は、細菌感染症には効果がありません。

・この薬は、小児等に対する使用経験はありません。

・この薬は、体調がよくなったと自己判断して飲むのを中止したり、量を加減したりすると本来の効果が得られないことがあります。指示どおりに飲むことが重要です。

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構より引用

基本的にはウィルスの増殖を防ぐ効果がありそうですね。確かインフルエンザの治療薬もウィ

ルの増加を抑制する治療薬ですよね。

新型のコロナウィルスもインフルエンザや一般的な風邪と同じ種類の分類になるのでしょうか

ら期待はできそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク