両親の家の荷物の片付け方「8つの分類方法」

普段の忙しい中で時間を取って両親の荷物を片付けようと考えていても中々時間が取れなかっ

たり、何をどうしたらよいのかわからなかったりしてしまうのが現実的な問題です。

両親の家の荷物の整理をするという事は、頭で考えているよりもずっと大変で一つ一つ「必要

なもの」や「必要ではないもの」を聞いてからの作業となりますので、余計に時間がかかった

りします。

今回は両親の家の荷物の片付け方を解説していきます。

小物や衣類関係

小物と言うと写真・CD・DVD・本(小説)・雑誌など数多くあります。また、衣類関係で洋服や和服などもあります。

洋服や和服などは、メルカリやジモティーなどを利用して処分するのが得策ですね。なかなか

売れないようでしたら、郵送費が相殺できる金額に設定して処分するのもいいと思います。

また、本や雑誌類はブックオフなどに持ち込んで処分してみてください。CDやDVDなども同

様でブックオフやリサイクルショップなどに持ち込んで処分するとほとんど引き取ってくれる

と思いますので楽ちんです。 😮

医薬品や危険物など

コンロのガス缶やライターや乾電池・スプレー缶などはガス缶などはきちんとガス抜きをして

ください。また、薬なども容器と薬と別にして廃棄するようにしてください。このグループの

処理はご両親がお住まいの自治体に処分してもらうのがベストですね。可燃物として処分した

り、不燃物として処分したりすることによってしっかりと廃棄できます。

介護用品など

こちらも専門業者に手配して処分するようにしてください。色々なケースがあると思われます

が、介護用品で使用できそうなものがあれば、寄贈してもいいですね。

仏壇や神棚

仏壇や神棚に関しては、お寺さんやお近くの神社にお問い合わせしていただいて対応するのが

一番良いと思います。費用もそれぞれ異なりますので、確認することが大切です。ご実家でお

寺さんの檀家であればそちらのお寺で、月命日などお寺さんに来ていただいているのであれば

そちらのお寺さんへご相談されたら良いと思います。

ペットなど動物

これは非常に困りますね。現在ではインターネットで里親に出したりしますが、犬などの場合

10歳を超えてくるとなかなか見つかりにくくなっているのが現状のようですね。近くにたま

たま飼いたい方がおられたらいいのですが、その場合でもちゃんと面倒を見てくれる方なのか

どうなのかをしっかりと見極める必要が出てきます。注意が必要ですね。また、大型犬の場合

は専門の放し飼いをしているところもありますので、問い合わせをして交渉することをお勧め

します。

貴重品など

通帳や印鑑などはご利用の金融機関に連絡していただいて、必要でないならシュレッダーにか

けて処分します。また、印鑑などは可燃ごみで処分してもいいですし、神社にもっていって供

養してもらって引き取ってもらう。ご自身で処分するときには、必ず印鑑の印字を削ってから

処分したほうが無難ですね。また、契約書関係は弁護士さんに相談するのが良いと思います。

また、契約先に問い合わせをしていただいて対応するのも良い方法だと思います。判断がつか

ないときに弁護士さんに相談の方がよいですね。

貴金属類は宝石の買い取り業者さんや貴金属の買い取り業者に買い取ってもらうようにしてく

ださい。

家電や家具

家電に関しては粗大ごみとして出しますので、ご両親がお住いの自治体に連絡していただい

て、処分するようにしてください。処分する大きさもあると思いますが有料となると思います

ので頭の中に入れておいてください。また、パソコンや小さな製品は無料で引き取ってくれる

業者さんもありますし、家電製品が新しいのであれば引き取ってくれる業者さんもありますの

で一度ご連絡していただいて確認するようにしてください。

家具も同様で、基本的には粗大ごみで有料の場合もありますし、分解できるのであれば無料で

可燃ごみで処分できる場合もあります。自治体にお問い合わせするか、インターネットで確認

していただければ、記載されていますので安心ではあります。

楽器など

三味線や琴などサックス・トランペットなどの楽器に関しては、引き取ってくれる業者はあり

ますのでお問い合わせください。リサイクルショップやブックオフでも恐らく対応してくれる

と思います。また、大きなピアノなども処分に困るものの一つです。業者さんに相談ですね。

まとめ

殆どのものは専門の業者さんや士業さんにお問い合わせしていただければ処分することができ

ます。判断に迷いそうなものがある場合は、なるべく早くご両親に対処方法を聞いておくのが

必要ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク