「サブスク」駅自販機で10月から開始「自販機では日本初!」

2019年8月29日(木)に、JR東日本ウォータービジネスが自動販売機のサブスクリプション

(定額制)サービス「every pass(エブリーパス)」を10月から開始すると発表しました。

プランは2種類

月2480円の「プレミアムプラン」と、月980円の「アキュアメイドプラン」の

ふたつです。

「プレミアムプラン」は自販機で取り扱う全商品が対象。

「アキュアメイドプラン」はJR東日本ウォータービジネスが展開する商品ブラ

ンド「アキュアメイド」の商品限定です。この「アキュアメイドプラン」の利

用期間は1人1か月までで、その後は「プレミアムプラン」に自動移行します。

乗り物ニュースより

応募はスマホアプリより可能

サービス開始にあたり、9月2日(月)から16日(月・祝)まで、サービス利用

者の募集が行われます。募集人数は両プラン合わせて500人です。応募はスマ

ホアプリ「acure pass」で行われます。

乗り物ニュースより

利用方法

専用スマートフォンアプリ「acure pass(アキュアパス)」に配信されるQR

コードを、JR東日本エリアの駅構内に約400台設置されている最新型自販機

「イノベーション自販機」にかざすと、対象の商品を1日1本受け取ることがで

きます。

乗り物ニュースより

サブスクリプションは個人需要をターゲットに

多様化する個人需要をターゲットとする販促活動を可能にしているのが「サブスク」です。

「衣」・「食」・「住」や娯楽などあらゆる生活シーンに浸透していくと考えられています。

また、2023年には市場規模として約9000億円にまで拡大するともいわれています。

従来のようなマス(大衆)需要で利益を伸ばすことが難しくなってきている現状化においては

「物の所有から利用」を定額でモノやサービスを受けることができるメリットに目を付ける個

人消費の拡大に注目が集まっています。

また、余談ではありますが、10月より消費税の増税に伴い軽減税率の導入も行われますが、

軽減税率の8%の枠の中に新聞等などの定期購読は含まれています。

こうした、定期購読のような毎日利用するタイプのサービスは軽減税率の対象として取り扱わ

れていくのか?いかないのか?今後も注目していきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク