冷凍ガニの解凍の仕方や規格は?「満足できる選び方は?」

お正月や仲間で集まってパーティなどにあって喜ばれるものとして挙げられる商品として

「蟹」が挙げられます。バスのツアーなどのお昼のイベントとして「蟹の食べ放題」などのコ

ースが用意されているぐらい私たちは蟹好きでもあります。今回は蟹は蟹でも「冷凍ガニ」に

ついて調査していきます。

冷凍ガニ

冷凍ガニの解凍の仕方は?

自然解凍が最も良い

家の廊下や縁側や玄関、ベランダなどで自然解凍するのが最も望ましいですね。発泡スチロー

ルの中に入っている場合は外に出して自然解凍しましょう。

解凍していて食べごろの目安は?

カニの表面の氷が手でポロポロと落とせる状態になればOKですね。カニの本来のうま味を逃す

ことなくおいしく食べることができます。

冷凍ガニを解凍するときにやってはいけないことは?

やってしまいがちな失敗例としては、冷凍ガニを直接鍋などで茹でてしまう事ですね。

これをやってしまうと、カニのうま味が抜けてしまい全くおいしくないカニとなってしまうの

で注意が必要です。

また、レンジで「チン!」なども同様です。「蒸す」なんてこともやらないようにすることが

おいしく冷凍ガニを食べるポイントだと心得て解凍していきましょう!

どうしても早くカニを準備しなくてはいけない時には?

来客の時間に間に合わない場合もあるかとは思います。そんな時には冷凍ガニをビニール袋に

に入れて流しで水をかける「流水解凍」が良いと思います。水を流しながら解凍していく方法

です。カニの状態を見ながら解凍していきましょう。目安としては30分ぐらい。後は、外に出

して自然界とすれば最高な状態でカニを美味しくいただくことができます。

冷凍ガニの規格(サイズ)の選択基準は?

ズワイガニの冷凍の多くはズワイガニ(オピリオ)種(ロシア・アラスカ)が殆どです。食べ

放題のカニにもよく使われています。表記としては「L」で表されています。大きさの規格と

しては「2L」・「3L」・「4L」と言った感じで大きなサイズになるほど数字が大きくなっ

てきます。選択していくなら、なるべく大きなサイズを選択するのが良いかと思いますね。当

然にサイズが大きくなるにしたがって価格も上がっていきますが、目が飛び出すような値段に

はなりませんので、価格が安い割においしいというところが冷凍ガニの良いところですね。

冷凍ガニ「R」表記のカニは?

冷凍ガニで「R]表記のズワイガニは、大ズワイガニ(バルダイ種)で日本産を表しています。

こちらはも「2R」から始まり数字が大きくなるに従い身の大きさも大きくなっていきます。

当然大きいものがおいしく食べられるのでなるべく多きものを注文するのが良いと思います。

価格帯はこちらのほうが高く設定されています。オススメと言うよりは好みで選択されたら良

いと思いますね。

値段などと比較して、お得感がなければ、カニを「1杯」買うという事も良いかもしれません

ね。

越前の活魚屋さんの大将に「冷凍ガニも侮れないうまさだよ!」と勧められて食べてみました

が正に大将が言われた通りで「はずれ」感はなかった記憶があります。ただ、「足と爪」のみ

ですけどね!

カニ味噌とかがお好きの方は普通に活魚屋さんでカニを購入されたら良いかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク