全国旅行割は都道府県で開始のばらつきがあるって本当?東京都は遅れる模様

「Go toトラベル」にかわる国の施策で「全国旅行割」が2022年10月11日よりスタートしま

す。

国民としてはコロナ禍のなかでストレスが溜まりに溜まってますから「旅行割」を活用してコロ

ナ禍以前の状態にもどしていきたいものです。

「全国旅行割」の開始日が10月の3連休明けの10月11日~同年、12月まつまでの予定で始ま

ります。

今回は10月11日スタートの「全国旅行割」について調査します。

旅行割

なぜ「全国旅行割」と名がついているに開始にバラつきがあるのか?

2022年10月11日より開始される「全国旅行割」は今回は各都道県の知事などが主導で

行われます。ですから各自治体により開始が遅れる都道府県が出てくるようですね。

東京都は2022年9月30日に都知事が「全国旅行割」を実施する旨を発表されましたね。

全国的には2022年10月11日より開始の予定ですが東京都は2022年10月20日ぐらいに開始す

ると報道されていますね。

現実的には「全国旅行割」事務局ができていないので事務局の整備に少し時間がかかるようで

すね。

どのくらいお得になる? 割引率や上限額は?

「全国旅行割」の対象は、日本国内旅行における鉄道やバス、タクシー・ハイヤー、航空、フェリーなどの「交通付旅行商品」、それ以外の旅行商品(宿泊施設のみの予約など)、旅先での飲食やお土産店で使えるクーポン券の3種類です。

支援水準は全国一律で1人1泊あたり「40%」の割引額が適用され、「交通付旅行商品」は上限が8000円、「それ以外の旅行商品」は5000円が上限となっています。例として、交通費込で1泊1万2000円の宿泊施設を利用した場合、割引額は4800円。1泊3万円で利用した場合は、上限が適用され8000円の割引となります。

旅先で使えるクーポン券は、各地の飲食店やお土産店での買い物時に利用可能で、休日は上限1000円まで、平日は3000円までとなっており、両方を合わせると、割引額は最大で1万1000円となります。

ライブドアニュースより引用

新幹線

「全国旅行割」の開始が遅れる東京都民どうなるの?

東京都民の方が他の県に行かれる場合は行かれる県で使うことができます。

ただ、旅行に行かれる先の自治体が「全国旅行割」を開始していない場合は当然使えないと言う

ことになります。

また、他の県の方が東京都に旅行にくる方は「全国旅行割」は使えないとということになりま

す。(注:2022年10月20日以降は使えます)

京都への旅行は10月に行くのがいいかも?

国内がコロナ禍以前、京都と言えばインバウンド一色で外国人観光客がいっぱいでとても京都

で宿泊出来る状態ではなく日本人の京都離れが深刻でした。

最大の理由は宿泊費だと言われてますね。

1万円前後で宿泊できる旅館やビジネスホテルなども3倍から5倍のお値段で宿泊費となってい

たようですね。

しかしながら、現在の京都はコロナ禍の、中インバウンドもなく外国人観光客も来ませんの

で、ビジネスホテルなども含めて正規のお値段で宿泊が可能のようですね。

だだ、10月より外国人観光客の規制も緩和されるのと、円安により大量の観光客が押し寄せて

きますから、まさに今が宿泊の絶好のタイミングのようです。

うまく旅行支援「全国旅行割」を活用することにより、最高の旅行を満喫することができま

す。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク