藤浪晋太郎の登板予定は?「メジャーで勝つために必要なことは?」

2023年から藤浪晋太郎投手がメジャーに挑戦という事で国内でも話題となっています。潜在的

な能力が高いだけに期待も大いに高まっています。

開幕戦から2戦目ですが藤浪晋太郎投手にはまだ勝ち星がついていません。

修正ポイントを検証して次の登板には活躍してほしいですね。

硬球

次回の登板は?

ア・リーグ アスレチックスの監督は藤浪晋太郎投手は毎週土曜日に登板してもらうというこ

とで日本国内で藤浪晋太郎投手の登板を見るためには日曜日に応援すという事になりますね。

という事で次回の登板は、15日(同16日)のメッツ戦(オークランド)で、こちらも現地

時間のデーゲームで日本では午前5時スタートとなります。 😛

2戦目の藤浪晋太郎投手の皆さんのコメントは?

1つ言えることは藤浪について環境を変えろとか、阪神のせいみたいな風潮あったけど、はっきり言って、藤浪自身の問題。 阪神はむしろチャンスいっぱいあげてたし、よく耐えてくれたよ。 ポスティングまで使わせてくれたし。 それに投手の育成も上手い球団。 もう藤浪が自分でどうにかするしかない。
他の皆さんもかなり共感されているようですね。 😥
日本にいる時と同じように 突如、四球から乱れ始める 結局、長い間そこをずっと改善できずにいたからメジャーに行ってからボールが変わったとしても急激にコントロールが良くなることはないだろう メジャーレベルにバッターも2順目になるとそれがわかってくるのだろう 今後はもっと藤浪のデータが明らかになって苦しむだろう コントロールさえ改善出来ればある程度は抑えられるんだろうな とは思うが 日本でも全然改善出来なかったからな 千賀のように日本で圧倒的な成績を出せないとメジャーでは厳しいのかもしれないね
やはりこの傾向を改善していくことが一番だいじですね。

藤浪晋太郎投手の崩れるパターンは?

藤浪投手は球速が非常に速く、豪快なストレートが持ち味です。しかし、球速にばかり頼って

しまうと、制球力が乱れたり、球種のバリエーションが少なくなる傾向があります。また、ス

ライダーやカーブなどの変化球に関しても、制球力の乱れが見られることがあります。これら

のことが重なると、崩れることがあると言えます。

また、藤浪投手は自己評価が非常に高く、自分の力を信じて勝負するタイプの投手です。その

一方で、失敗を受け入れることが苦手で、落ち込んでしまうことがあります。そのような場合

には、前向きな気持ちで次につなげることができるよう、心理的なサポートが必要になるかも

しれません。

藤浪晋太郎投手にはメンタルケアが重要になるといえます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク